Slackとの連携で
制作物の
フィードバックをより快適に

Slackで行われるコミュニケーションに、Brushupが連携。
Brushupでレビューすると即時にSlackのチャンネルにメッセージが届きます。

BrushupとSlackが連携すると・・・

SlackのチャンネルにBrushupのプロジェクトを紐づけることで、
BrushupでのやりとりがSlackのチャンネルに届きます。
制作物へのフィードバック等がSlackに自動で通知されるので一層の作業効率向上を実現できます。

BrushupとSlackを連携するには

STEP1

AppディレクトリからBrushupアプリの「インストール」をクリック。
連携のためのリダイレクトページへ遷移するので
Brushupのアカウント情報を入力してください。

STEP2

アカウントの認証がされて連携が成功したら、
「Slack連携ページに移動」をクリック。

STEP3

Brushupの設定画面に遷移します。
こちらでBrushupのプロジェクトとSlackのチャンネルを紐付けます。
投稿を届けたいSlackのワークスペースとチャンネルをセレクトボックスより選択してください。

STEP4

Slackのチャンネルを選択したら
「設定を保存」をクリックし設定完了です。

STEP5

BrushupのプロジェクトとSlackのチャンネルが紐付けられることで
Brushupの投稿が届きます。

Slackのアカウントと
Brushupのアカウントを紐付けられます。

紐付けることで、Brushupのコメントで宛先を指定すると、
Slackのお知らせコメントの宛先にも指定(メンション)されるように
なります。

STEP1Slackのアカウントの紐付けは
左メニュー > [プロフィールアイコン] > [アカウント一覧]から
設定できます。
一覧から [対象のアカウント] を選択してください。

STEP2アカウント情報画面の [編集] をクリック

STEP3編集画面から [SlackメンバーID] の項目に
メンバーIDを入力することで、アカウントが紐付きます。
※IDの確認方法は下記をご覧ください。

SlackのメンバーID確認方法

SlackのメンバーIDはSlackの左メニュー「氏名」をクリックし、「プロフィール&アカウント」を選択。
画面右にプロフィールが表示されますので、「・・・」をクリックすると「メンバーIDをコピー」の項目が表示されます。

プライベートチャンネルに
通知したい場合

Slack のプライベートチャンネルに、Brushup の Botユーザーを追加することで、通知を行うことができます。
アプリを追加画面からユーザー名「 Brushup 」を検索して追加してください。

※追加した Bot ユーザーをチャンネルから外したい場合は、Slack のスラッシュコマンド「/remove @Brushup 」で削除できます。

無料ではじめる