RELEASE NOTES

リリースノート

プロジェクトを階層化するプロジェクトグループをリリースしました

従来のワークスペースとプロジェクトによる2階層のアイテムの分類わけ

これまで Brushup では、ワークスペースとプロジェクトの2階層でアイテムを分類わけをしていました。

新機能のプロジェクトグループを使った最大5階層のアイテムの分類わけ

このたび、ワークスペースとプロジェクトの間にプロジェクトを束ねる”プロジェクトグループ”という設定項目をリリースしました。プロジェクトグループは3階層まで作成できます。これにより、ワークスペース、プロジェクトグループ、プロジェクトを使った最大5階層でアイテムを分類わけできるようになりました。

また表示の仕様として、ワークスペースとプロジェクトグループから構成されるツリー表示 (左側) とプロジェクトの一覧 (右側) を分けています。ツリー上でワークスペースやプロジェクトグループをクリックすると、その配下のプロジェクトが表示されます。

プロジェクトグループを使うには

大量のアイテムを扱う企業やチームを前提にエンタープライズプランのみでの提供としています。
プロジェクトグループを使うには、オーナー権限を持つアカウントが操作できる環境設定からプロジェクトグループを有効にすることで適用されます。今回のプロジェクトグループのリリースに際し、環境設定のメニューをアップデートしていますので、詳しくはこちらをご参照ください。

プロジェクトグループを有効にした後、プロジェクトグループを設定できるのは、オーナーまたは管理者の権限を持つアカウントです。

プロジェクトグループの利用上の注意事項

プロジェクトグループは、Brushup の同じ契約内に属するすべてのユーザーに適用されます。またプロジェクトグループは、プロジェクトの並び替えなど、表示仕様に関わる機能のため、個人で設定しているワークスペースおよびプロジェクトの並び替えは無効となりますので、ご注意ください。

プロジェクトグループの設定方法

ワークスペースの3点リーダー[3点リーダー]をクリックすると、表示されたメニューの中の [プロジェクトグループ設定・並べ替え]  をクリックしてください。

プロジェクトグループの設定画面は、左右2つの画面から構成されます。左側はプロジェクトの設定内容をツリー構造で表示した画面、右側はツリーの中から選択した項目配下のプロジェクトグループおよびプロジェクトを配置した画面です。

ツリーから、プロジェクトグループを作成したい場所を選択し、[プロジェクトグループを新規作成] ボタンをクリックすると、プロジェクトグループを作成できます。

プロジェクトを選択し、任意のプロジェクトグループにドラッグ&ドロップするとプロジェクトを移動できます。

プロジェクトグループ、プロジェクトをドラッグ&ドロップし、表示順序の並び替えができます。

個人ごとに設定できる「よく使うワークスペース」

プロジェクトグループを有効にすると、それまで個人ごとに設定していたワークスペースおよびプロジェクトの並び替えが無効になります。その代替として、よく使うワークスペースを上位に配置できるようにし、アクセスしやすいようにしました。

ワークスペースの3点リーダー[3点リーダー]をクリックすると、表示されたメニューの中に [よく使うワークスペースに追加] があります。クリックすると、選択したワークスペースが最上位に移動します。

こんな機能がほしい!というみなさまからの要望をお待ちしています。ご要望はこちらまで。