株式会社Asian Bridge 様

並んだビジュアルから一目で状況判断
ベテランの技を伝える育成ツールでも活用

株式会社Asian Bridge 様
2007年設立。webシステムやアプリケーション開発のほか、グラフィックス制作でも実績を伸ばしている。特長は「テイスト合わせ」案件のクオリティ。専門学校で教員を務めるほどのベテラン人材を多く擁し、技術力の高さと制作スピードが業界での高評価につながっている。2016年4月からBrushupをご利用いただいています。
渡邉秀明さん
グラフィックス事業部 マネージャー
大石以江子さん
グラフィックス事業部

1日100通を超えるメールのやり取りで混乱しそうになることがあった

導入を検討したのは、品質向上と納期に応えて受注数が順調に伸び、社内デザイナーを増員して案件管理が煩雑になったからです。

Brushupを使用する前は、社内メンバーや外部クリエイターとメールによるやり取りが大量に発生していたため、ディレクターが常にチェックに追われていました。添付ファイルを開いて、ラフ・線画・着彩などが完了しているか確認し、修正があればメールで返信する。20案件ほど並行するので「これはどの案件だっけ」といった確認作業に時間がとられることもよくありました。

メールは文章を整えると5分はかかります。それに自分が送ったデータがわかっても他の進捗がわかりません。今後人員を増やして仕事を回すために、データをうまく一元化してみんなが参照できるツールがないかと考えました。

1日100通以上の連絡メールでミスや混乱があった

高機能は必要ない、わかりやすさが決め手だった

Brushupはビジュアルが一覧になって見やすいこと、Adobe Photoshopのpsdファイルが表示できることから「使ってみよう」と判断しました。無料プランから始めて2週間しないうちに有料プランに変えたと思います。

他社製品は高機能すぎて何をすればいいのかわからず、仕様書を読み込まないと使えないものもありました。でもBrushupはアップする・送るという機能が直感的にすぐわかる。やっぱり楽なツールのほうが使いやすいです。ガントチャートは別のツールを併用しているので、グラフィックの管理に特化したいというニーズにもぴったりでした。

高機能は必要ない、わかりやすさが決め手だった

実務の効率化のほか、ベテランの技術指導でも活用

導入後は一つ一つの作業が早くなった印象があります。たとえば修正については、チャット感覚で修正点のリストだけ伝えればいいのでメールより格段に楽です。画面で既読がわかるので「送りました」という連絡をしなくてもいい。

実務の効率化のほか、ベテランの技術指導でも活用

過去履歴が必要なときは、タグや案件名でデータを振り分けているので検索すればすぐ見つかります。チェックしたかどうか、最終データがどれかも一目でわかり、納品ミスはほとんどありません。ブラウジングのストレスがかなり減りました。

今は余裕を持って全体に目配りでき、個々の仕事量の調整まで柔軟に行えるようになりました。また、弊社は専門学校の教員を務めるベテランデザイナーが多いのですが、彼らの技術を伝えるときもBrushupが活躍しています。画面上で赤入れするので何を直すべきかすぐわかるんです。時系列で成長プロセスが共有でき、後進の育成ツールとしても便利に使っています。

Brushup

無料ではじめる 導入に関するお問い合わせ
  • twitter
  • Facebook

Brushup の最新情報をチェック

その他の導入事例

導入事例をもっと見る